<< 銀英伝の感想 | main | 銀英伝の感想3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | - | -
銀英伝の感想2
 さー続きを書こう。



とりあえずこれがわからなきゃ感想の意味がわからないってゆう重要語句の説明挟んどきますね。


かなめ様:ラインハルトさん:金髪イケメン=凰稀かなめ
クリストファー:クリス様=シルバー・ローズ・クロニクル(銀バラ)でかなめ様が演じたイケメン。←
おづき:オヅキ=緒月遠麻
てるきた=かなめ様とおづきの同期コンビ。個人的に大好物な美脚コンビ。←
りおんちゃん:ヒルダさん:姉さん=実咲凛音
ゆーみさん=悠未ひろ(役名長くて覚えてない。ごめんなさい。とりあえず黒いねちっこい人←)
まーくん:キルヒアイス:ジークさん=朝夏まなと
お姉様=愛花ちさき(ごめんなさい。役名覚えてない。←)
ジェシカさん=純矢ちとせ



・りおんちゃん、若手で初々しさもあるけどしっかりお芝居できると思う。
・やからこそ、芯の強い賢い若者役が違和感なくはまってるんかな?
・久しぶりに若いくて期待できるトップ娘役さんやと思った。
・宙組観に行く楽しみ増えたぜ。
・ええ相手役もらいましたやんかなめ様。
・ヒルダさんのソロ曲、めっちゃ歌えるってゆうわけじゃないけど、今の宝塚のトップ娘役の中では安心して聞ける方っすね。
・ファントムでエリックの少年時代と新公でクリスティーヌやっただけの実力はあるんだな。
・蘭トム観に行ったときに、ひょっとすると蘭はなちゃんよか歌ええんちゃうか?(笑)とかそういえばママと言うてたような・・←
・ぶっちゃけラインハルトさんとヒルダさんのデュエット曲でハラハラさせられた方はラインハry←
・まーくんて花組時代にでっかくて存在感あって華やか!って感じのイメージやったけど、宙組自体がでっかい人しかおらんから前ほどドーン!ってかんじはしやんかったな。
・だがもちろんイケメンなんに変わりはない。←
・てかえらい歌聞けるようになってたね。
・やっぱりもう歌でハラハラさせられるのは金髪イケメンの彼の方ですよ。←
・いやね、金髪の彼はこんな私の視界に入っていただけるだけで十分なんですよ。視界に入っていただくことに意味があるから。←
・まーくんが歌上手い部類に入るでな宙組。←
・さあオヅキを称える時間だ。←
・今回は前ほど3枚目やないけどやっぱ3の線あるよね、オヅキ。
・「ラインハルトさんすっごいイケメンですね」「俺だってイケメンだろ〜?」
・「たしかフラれたんでしたよね?」「(ギロッ)」
・「用事があるので帰ります」「おいおい!何の用事だー?(髪の毛整える)」
・ユリアン(伶美うらら)の台詞がナイスすぎてオヅキが引き立ってます。
・これぞオヅキ。
・うん。観に行って良かった。
・最近宝塚全然観てなかったからオヅキの好青年ってかんじの役が新鮮やった(笑)
・ゆーみさん、でっかくてダンスにもキレがあって好演されてたと思います。
・てかね、ラインハルトさんに迫るシーン(え)ね、思わず見入った。←
・ねっとりいきましたね。
・いいですね。
・マント引っ張って行かないでアピールとか新手の技ですね。←
・かなめ様のマントさばきとはまた違ったマントの使い方ですね。←
・かなめ様のマントに巻きつきに行くとか強引ですね。←
・手のとり方がなんかやらしーですね。
・ヒルダさんよりラインハルトさんの手掴んでんじゃね?この人←


よし休憩。




|宝塚 | comments(0) | -
スポンサーサイト
|- | - | -